株式会社キーマンが行う耐震改修工事の流れとは?

building-2166776_1280

株式会社キーマンは建築耐震補強工事や橋梁メンテンナンスに関する高い技術と知識を持つ、建設会社です。設計の段階から対応してくれますので、素早く希望通りの建物に仕上げてくれるのが特徴です。本社は大阪府に、支社が東京都に存在します。

ビルやマンションなどの建物に対する耐震工事の流れですが、株式会社キーマンではまず診断を行ってくれます。建物の性能をチェックしなければ、どのくらいの強度を誇る建物なのか、どのような施工が必要になってくるのかわかりません。一次と二次、三次の3つの種類の診断方法がありますが、建物の特徴を見極めて適切な診断方法で行ってくれます。

まず、予備調査と株式会社キーマンのスタッフによる現地調査が行われます。築年数を確認したり、建物の設計図書があるか調べます。過去に改修した事実があるのか、地震などの被災した経験についても確認を取ります。図面と一致するのか整合性を調べて、ひび割れ調査やコンクリートコア採取、コンクリート中性化調査などを実施します。

ひび割れ調査ではコンクリートの割れ目について確認します。割れ目を作り出す劣化の原因を突き止めて診断してくれます。コンクリートコア採取は、コンクリートの強さを調べる方法です。特殊な機械を使うなどして行われます。コンクリート中性化調査というのは、建物のコンクリートの一部分を抜き取り、それをサンプルに強度や劣化の度合いを確かめます。

その後に3種類ある診断方法で適切なものを用いて計算を行い、今現在の建物の状態を診断して、報告書を作成してくれます。

診断結果を元に、耐震補強設計の段階に移っていきます。どのような補強工法を用いるのかじっくりと考えて選定し、その工事に必要な費用を精算します。補強した後の性能確認についてや、補強の提案などをしながら、最終的な取りまとめをします。

ここまでくれば、いよいよ改修工事です。見積もり書を作成してくれますので、確認しましょう。内容に納得すれば、施工を実施してくれます。後は完成を待つだけです。ここまでの流れの中で、国や地方自治体が用意する補助金制度が利用できる場合がありますから、株式会社キーマンのスタッフに尋ねておきたいところです。相談することで、株式会社キーマンが利用できる制度を調べてくれます。この会社の公式サイトにも国の補助金制度や東京都、大阪府の補助金の例、その他の地方自治体に関するリンクが公開されていますから、参考にすることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする