株式会社キーマンの集合住宅の工事実績について

GregoryButler / Pixabay

時代の進化とともに現代では多くの街が再開発を含めた発展を遂げており、同時に街の人口密度が高くなる傾向が強く建造物にもそれらを考慮した建築法が求められるようになりました。

建造物の中でも特に住居は生活空間なので耐震補強するための工事をするにしても株式会社キーマンの様に細心の注意を払った工法で作業に当たらなければなりません。株式会社キーマンの工事実績の中で一番注目されている物がテナントと住宅が混在するマンションの補強工事で、テナントの中には工事中も接客サービスを行っている方もいたので綿密な打ち合わせが行われました。

そして株式会社キーマンが出した結論として複数の工法を段階的に行うという方法で耐震補強を行い、3階建ての低階層マンションでありながら工事箇所は100箇所を超える大規模な計画となりました。

まずメインで施工する工法としてスリット工法が計画され、耐震補強のためにどの空間を生かすのかどこを補強するのか等の綿密な再開発計画がプロの建築士の意見も交えて打ち合わせされました。

結果スリット工法の中でも建築資材の中に専用の留め具を取り付ける完全スリットという工法を採用し、集合住宅という条件下でも住民に迷惑をかける事なく成功させた工事実績を保有しています。

小さな集合住宅であってもこの工事実績の様に複数の住居が隣接している場合、それだけ柱や壁が多く組み込まれているため耐震補強に関しては水平スリットと垂直スリットという2種類の完全スリット工法を採用し、それぞれ地震が発生した時に適切な方向に建築資材に掛かる負荷を逃がせるように補強を行いました。

特に垂直スリット工法で使われるポリスチレンフォームと水平工法で使われる特殊なポリエチレンの素材は、この工法の要になる存在で集合住宅の安全性を極めて高いレベルにまで上げられるようになっています。

そして集合住宅に施す工法で一番ネックとなる補強層に関連した工事も株式会社キーマンではオリジナリティあふれる想力を展開しました。

その方法とはアンカーと呼ばれている特殊な炭素繊維を壁に穴をあけてあらかじめ施されている炭素繊維とつなぎ合わせて耐震強度を高めるという方法でこの工法であれば部分的な解体ができない集合住宅でも住民の生活環境を損なう事なく耐震補強ができるようになっています。

アンカーにはSRとCFという二種類の物が今回の工事実績では使用されており、補強箇所に応じた適切な耐震素材が使用できる汎用性の高い工法でもあります。この他に今回の工事では集合住宅に存在する無駄を省くために、開口閉塞という工法も同時に施されています。

開口閉塞は建造された時にデザイン性を追求する過程で不必要な空間が構築されている建造物が存在しているので、その空間を耐震壁等で埋める事で耐震性さらに高くなるという仕組みになっています。

今回施されたスリット工法は建造物のスペースを利用する事が多く、開口閉塞との相性も良いため採用され株式会社キーマンが提供する耐震性能の評価を大きく向上させる事に成功しました。

耐震壁に関してはRC増打壁というコンクリートや補強材をあらかじめ存在している壁や柱に打ち込むという工法で補強を行い、施した耐震補強の仕組みそれぞれがお互いを支えあう様にしました。

この様にこの集合住宅の工事実績では住民が工事中常にいるという緊張感の元計画と施工が行われましたが、工事期間は4か月程度と通常の耐震補強に掛かる工期よりもはるかに速い速度で完了させ、株式会社キーマンの確かな技術を内外にアピールできました。

また建造物の建築方法にもよりますが、株式会社キーマンでは工法を変える事で2か月程度の工期で耐震補強を行う事ができその代表例としてプレート補強を含めた内付ブレースという工法が挙げられます。

この工法は耐震壁の一部を開口しその中で鉄骨ブレースを固定するという工法で、簡単な工法である上に工事で発生する粉塵も少ないので住民だけでなく作業員の負担も軽い工法として多くの工事実績で採用されている工法です。

工法自体の歴史も長いので耐震補強に関する信頼も厚く、工期の短さも相まって多く方が希望する工法としても有名です。

さらに粉塵の発生量という点では株式会社キーマンが提供するサイドポスト工法もお勧めです。この工法では現存している建造物の鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートの柱と組み立て式の鉄筋を特殊ポリマーモルタルを使用して一体化させるという方法で耐震補強を行います。

特殊ポリマーモルタルに関しては耐震補強の工法としては珍しく塗装の様に吹き付ける形で素材を使うという物で、工法手段の影響もあり建造物のデザイン性を損なわずに補強できるメリットがあります。

サイドポスト工法では特殊な塗り作業が多くなるため左官工と呼ばれている専門のスタッフが作業を行うので、塗り作業だけといってもその耐震補強に関する信頼は厚く、違う補強や改修工事等と同時に行えるので大きな集合住宅でも手軽に採用できる工法として有名です。

以上の様に耐震に関する補強工法は建造物そのものに対して施す事が多くなっていますが、地震に限らず万が一の天災等では人命の救助や避難も非常に重要になってきます。

特に高階層建造物ではエレベーターが停止する可能性もあるため、避難階段の存在が非常に重要であり株式会社キーマンではその補強工事も行っています。

特に工事実績として多いのは鉄骨階段の補強で、開口閉塞の工法と併用すれば避難経路の簡略化で人命を救助できる可能性を飛躍的に上げる事ができます。そして人命を救助するに当たって一番パニックになりやすいのが複合施設型を採用している集合住宅です。オフィスだけでなく幼稚園等の学務機関が内部に存在している可能性が高く、

天災の影響をより軽微にするための工法も重要になってきます。この会社の工事実績としては実際に天災の発生した現場への耐震補強を体験しており、複合施設型を採用している集合住宅への工事は得意事例の一つです。

特に平成24年3月から平成24年10月までの期間に行った工事は現場作業員の経験を大きく蓄積させた工事で、この事例ではSPAC工法の外付けMタイプと外巻きMタイプが採用されました。

SPAC工法では建造物に存在している柱にSPAC繊維シート等の耐震性に優れた繊維シートを配置し、繊維シートと柱の間にSPACグラウト材を充填する事で建造物の強度を高められるようになっています。

外付けや外巻きとはこのSPAC繊維シートの配置方法の事を指し、柱の場所によって繊維シートの配置方法を変えて適切な補強を施す工法です。天災が起こった地域では新たな天災が起こった際の対策を行うために補強工事を行わなくてはならない建造物が多数存在しています。しかしそれと同時に問題になってくるのが工費の高額化で、多くの建造物を保有しているオーナー等はこういった手軽に施せる耐震対策でさらなる被害を防ぐ努力を行っています。

特にお子さんが多数存在している保育園や幼稚園への補強は急務であったため、その工事の先頭を切るようにして活躍し住民と密接な関係性を築き上げた企業として多くの関係者から注目されるまでに成長しました。
この様に株式会社キーマンが築き上げてきた集合住宅への工事実績は、耐震補強のみにとどまらず住みやすさ等の機能性を考慮した工事になっているので、これから耐震補強を考えている集合住宅のオーナーは積極的に工事の相談をしてみる事をお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする