株式会社キーマンの学校の工事実績について

herbert2512 / Pixabay

株式会社キーマンではあらゆる建造物の耐震補強の工事実績を築き上げていますが、学校の耐震補強が一番評判の高い工事実績として有名です。

有名になった理由の一つとして学校は長期休校期間である場合も学生が工事区間周辺にいる事が多いため、その安全策を取らなければならないのですが株式会社キーマンでは安全対策を何重にも重ねて工事を行っている点が多くの学校関係者やお子さんの保護者から評価されました。

平成27年9月から平成27年9月に行われた耐震工事に関してはその代表例ともいわれており、この工事では工事計画のみならず資材の搬入計画さえも念入りに行う徹底具合で工事にあたりました。

同時に工事を行った区間は体育館前の生徒の移動の動線が太い場所でもあったので、区画の詳細を見取り図で確認しながら行い資材搬入だけでなく作業員の通行も気を使った工事になっています。

工事計画の主な作業は鉄骨内付け在来ブレースといって従来の柱に鉄骨枠を取り付けて鉄骨ブレースを組み上げる方法ではなく、柱にそのまま鉄骨ブレースを組み上げる事で耐震強度を限りなく高くしました。

また柱と鉄骨を接着する時の材料に特殊な樹脂を仕様して柱と鉄骨がより密着するように組み上げているため、耐震補強効果が飛躍的に高くなっている点も大きな特徴です。

従来では樹脂の代わりにアンカーボルトを柱内部に打ち込むタイプであったため、柱の内部に不必要な加工箇所が存在している上に、モルタルの注入場所を作らなければならないため材料費の高さも相まって学校には従来の施工方法は適してしませんでした。

この点鉄骨内付け在来ブレースは強度も高い上に予算も比較的安く済むので現代の国内の経済状況にも適した工法であると言えます。他にもこの工事実績には耐震壁と耐震スリットを施している点が大きく評価されています。

耐震壁に関してはコンクリートロック等壁を形成している材料内部に銅管コッター等で補強を施し、地震が発生した際に壁を形成している材料が不用意に崩れないようにするという仕組みになっており、高耐久の材料を使うとさらに耐震性が上がるためお子さんの安全を守る設備としては最上級の物になっています。

そして耐震スリットに関してですが、これは地震が発生した際に揺れる事で建造物を形成している材料に掛かる負荷を
適切に逃がしてあげるという設備です。

仕組みとしては負荷の掛かる場所に隙間を空けるという簡単な物ですが、株式会社キーマンが誇る一流建築士の頭脳で計算された耐震スリットは想像以上の耐震補強システムとなります。

この他にも株式会社キーマンが請け負った体育館工事の中にはR階トラス補強工事という工事実績も存在しています。

これは鉄骨トラス造という耐震補強の工法で施した物をさらに補強するという作業で、体育館の様に大規模なL型とI型の鋼材を使った建造物は鋼材の組み上げ方を再検討するだけで耐震性が高まるのでその作業を行うという物です。作業工程の中にはブレース補強も含まれており、適切な場所にブレース補強を施す事で既存の建造物に高い耐震性を付加できるメリットが存在しています。

この工事実績では屋根のブレース工事も行ったため、大きな地震が発生しても屋根が落下してくるといった事態を防ぐ事に成功しており工期も2014年から2015年と歴史のある実績なので多くの耐震補強を希望している学校から注目されている工法になっています。

この様に体育館への工事は建造物の仕様上あらゆる部位に強度が必要になってきますが、工事をより慎重に行わなければならないという点においては株式会社キーマンが施した校舎の耐震補強工事も多くの方に注目されている工事実績の一つです。

校舎では季節をとおして生徒がいるため、より綿密な工事計画が必要になりこの状況に対して株式会社キーマンではハイパー耐震工法という工事を実施しました。この工法の大きな特徴として既存の柱に対して高強度グラウトモルタルとリプ付分割鋼板、そして接着剤含浸繊維シート層の上に上塗りモルタルを施すという工法で他の耐震補強工事と比較して大規模な資材を使わなくても済むというメリットが存在しています。柱に補強を施すという工法であるため、建造物の建築方法を再確認した上で施工すれば柱の補強本数も少なく済むメリットも存在しています。

そのためコストパフォーマンスにも非常に優れており、少子化の影響であまり予算を使う事のできない学校でも手軽に耐震補強ができるメリットも多くの学校関係者から注目されています。

この他にもハイパー耐震工法については様々なバリエーションが存在しており、例えば建造物が複雑な形状の場合には補強を外付けにすることで耐震補強ができるので建造物の形状を問わない工法として有名になっています。特に地震が発生した時に材料間に摩擦力を発生させて揺れを小さくする重ねリブ鋼板に関しては、施工方法にいくつかタイプが存在しているので汎用性の高い工法として株式会社キーマンの工事実績を陰から支えてきた工法として有名です。

こういった工法の汎用性の影響もあって施工対象の建造物は1979年に建築された古い建造物だったのですが、ハイパー耐震工法のおかげで校舎全体に高い耐震性を保有する事に成功しました。

現代の耐震補強に関連した工法はこの様にどれも高い耐震性を実現していますが、それと同時に施工方法全体の見直しも行われています。

株式会社キーマンが施した工事実績の中ではデザインフィット工法がそれに当たり、この工法は施工の手間がかかるアンカー工事を大幅に削減して工期短縮とコスト削減が実現できる工法として多くの建造物に施されています。

デザインフィット工法に関しては施工環境の改善という視点でも注目されており、従来と比較して現存している建造物の柱にアンカーを設置するだけで補強資材の鉄骨ブレース取り付けられるので内付ブレース工事よりもさらに工期が短縮でき工員に掛かる負担も少なくなっています。デザインフィット工法に関してはその名称の通り工法の研究と事例が多くなるにつれて、ブレースの形状がデザイン性の高い物に進化している傾向が強く校舎を美しく魅せたい私立の学務機関から好評を獲得している工法としても有名です。この様にデザイン性に関しても考慮される事が多くありますが、耐震補強に関して一番重要な点は建造物の問題点を見直すという点です。

例えば古くから存在している校舎に関しては不必要な場所に窓が設置されている事も多く、この影響で地震が発生した時に被害が拡大してしまうケースも想定されます。

なので株式会社キーマンでは開口閉塞といって不必要な窓やその他建造物の内部空間や設備をコンクリート等の資材で埋めてしまう工事も請け負っています。

綿密な計算で行われる開口閉塞工事は建造物内部に余計な設備がなくなるため、天災が発生した際の避難経路を簡略化できるメリットもあるため古い校舎には特に必要な工法です。

具体的には増打耐震壁や柱梁増打補強で補強する事が多く、この二つの工法は工事で発生する粉塵や騒音が少ないので施工場所によっては授業に影響がでない形で耐震補強ができます。

この様に株式会社キーマンでは建造物に必要な耐震補強工事の見積もりを精確に行い、取れる安全対策を最大限行使しながら工事を行うのでお子さんの安全に関して施工最中も施工後も確実に保証できる内容になっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする