株式会社キーマンのテナントビルの工事実績について

3dman_eu / Pixabay

株式会社キーマンが築き上げてきた事務所・テナントビルに施した耐震補強の工事実績は大きく分けて耐震補強とそれに関連した改修工事に分かれています。

通常の住宅の場合はライフラインの接続等が考慮されていればある程度幅広い範囲の工法で工事を着工できますが、
事務所・テナントビルへの工事はライフラインの他に企業が必要とする専門機材の存在もあるためそれらの利用を考慮した工事が必要になってきます。

その代表例ともいえるのが銀行の耐震補強とその他の工事で、この工事の事例は天災が発生したばかりの時期と地区であったため電子機器等のセキュリティレベルに異常がないかどうかを確認しながらの作業を求められました。

そのためATMを含めた金庫等の重要設備を提供している企業との連携を取りながら工事を着工していき、
2013年工事が完工した際には他の問題を抱える多くの専門機関が株式会社キーマンへの工事を希望した事例が存在しています。

特に同じく天災が発生した地域の予防医学協会の改修工事や電話局別館の耐震補強を含めた工事、さらには大手企業の本社ビルの耐震性に関する工事も請け負う事になり、株式会社キーマンは着実に工事実績という信頼を築き上げてきました。

信頼という点については工事期間の指定という形でも多くの企業から注目されており、特に平成25年1月から3月までに行われたオフィスビルの耐震補強工事の際にはそこにビル内に存在している事務所・テナントビルの営業に影響が出ないように、土日のみ作業を行うという工事を行い見事なクオリティで完工させた工事実績として知られています。

この事務所・テナントビルには1階に薄利多売と機会ロスを防ぎながら利益を上げる代表格ともいえる喫茶店が営業しているので、株式会社キーマンは工事という形で喫茶店の営業を助けたと関係各社から多くの支持を獲得する事に成功しました。

施工した工法に関してもハイパー工法や袖壁補強を採用しており、既存の建造物に大幅な改良を加えなくても耐震性が向上される工法を選択しました。

特にハイパー工法に関しては既存の柱の上から振動で発生する建築資材の摩擦力を軽減し、揺れの影響を軽微にするリブ付分割鋼板と接着剤含浸繊維シートを巻き付け柱と繊維シートの間に高強度のグラウトモルタルを注入しさらに上塗りモルタルで補強するという補強作業を何層にも分けて施すため、耐震補強工事に関しては最も手軽に強度を向上させる工事として有名です。

また補強した柱に対しては他の柱との接合度を上げるために接着系のアンカーを使用して、建造物の他の部位に揺れの影響が伝わらないようにしているので多くの補強工事で使われている工法になっています。

この高い耐震性に加えて特殊な繊維シートで補強を行うという工法であるため、補強形状や場所を臨機応変に変える事ができ特殊な設備を設置する事の多い事務所・テナントビルへ施す工法としては最も適した方法です。

工法の代表例としては通常の補強層に加えてタイバーと呼ばれている特殊な留め具を取り付ける外付け補強柱パターンと壁や柱の分岐点に適した工法であるL型外付け補強柱パターンが有名で、これらを使い分ける事で補強が必要な壁に対して最適な補強工事を行えるようになっています。

そして袖壁に関してもそれに対応した形状の工法パターンが存在しているので、喫茶店での工事ではこれら三つのハイパー工法を使い分けた上で耐震補強を行いました。

しかし事務所・テナントビルの中にはハイパー工法では耐震性の高い補強工事を行えない事例も存在しており、その場合株式会社キーマンでは鉄骨ブレース補強を含めた耐震性向上工事を行っています。

工事実績で例えるならば平成23年9月上旬から11月下旬に行われたオフィスビルの工事が有名で、依頼者の希望が条件の厳しい工事であったにも関わらず、それを株式会社キーマン単独で完工させた事例は同じ業務を営んでいる企業からの注目度も高い工事実績になりました。

具体的な工法として鉄骨ブレース内部に施すという方法で、これを実現するためには補強工事だけでなくある程度の改修工事が必要になり短期間の工期でしたが大規模な工事になりました。

特に開口閉塞といって耐震性に関係してこない建造物の内部設備を耐震壁で埋めてしまったり、耐震性を高めるためにあえて空間を上げる作業は事前の緻密な計算がなければ実現せず、株式会社キーマンならではのクオリティの高い工事実績でした。

鉄骨ブレース自体は従来の工法だと開口閉塞を実現しにくい傾向がありましたが、技術力の進歩とともに特殊な樹脂を建造物内部に存在する柱と鉄骨枠の間に施す事で強度を増しシール材と呼ばれている接着面の幅を広くしなくてもよくなりました。
そのため事務所・テナントビルのデザイン性の高い内装を損なわずに鉄骨ブレースを施すことができる上に、従来の鉄骨ブレースよりも面積を取らないので厳しい条件を提示されるような工事では最適な工法です。
この他にも鉄骨ブレースには枠付き鉄骨ブレースといって柱で形成されている骨組みに対して鉄骨の枠組みを作り、そこに鉄骨ブレースを施すという工法も存在しておりハイパー工法とは違った形で汎用性を実現している工法として、多くの建造物の耐震性を高めた技術になってます。
特にブレースを固定するためのアンカーの取り付け方はただ固定すれば良いというわけではなく、ネジ切り接合アンカーを使用するのか摩擦圧接アンカーを使用するのかでミリ単位でアンカーの使用方法が違ってくるので、株式会社キーマンの様に優秀な作業員がいなければ実現できない工法になっています。
さて今回行われたこの厳しい条件下での工事ですが事務所の営業も行いながらの作業となっていたため、工事で使う大規模な機材の持ち込みができない条件下での工事でした。
依頼主の希望をくみ取り工事計画を練る段階から工事で使う機材の調達にも慎重に気を配り、建造物内部でも鉄骨等人の力だけでは運ぶ事のできない資材の搬入のできる機材を導入しました。
一番活躍した機材は小型のクレーンアームで、室内でも扱える形状であったため短い工期という制約の中でも十分に力を発揮しこの会社の工事の準備力の高さという点でも高評価を獲得した要因の一つになっています。

合わせてアンカーの取り付け等人の手でできる作業は事務所の仕事を邪魔しないように最小限の人員で最大限の効果を発揮する計画を提示したので、計画段階から依頼主の評価をある程度獲得した事例でもありました。
結果無事怪我人も0で完工し作業のクオリティだけでなく自社で行う作業の安全性を誇示し、数多くの企業から注目される事になります。

この数々の事例により現在では住宅販売の事業所や複合施設の耐震改修工事の依頼が来るようになりこれらも無事完工し、株式会社キーマンの工事実績をさらに輝かしいものにしています。

事務所・テナントビルの耐震補強工事はこの様に依頼主の経営状況等の企業としてデリケートな部分を考慮しながら行わなければならないため、必然的に制約多くなってきます。

特に特殊な機材が設置されている事業所や、接客の多いテナント等は耐震性の強度と同時に補強箇所が事務所の利便性や
テナントのデザイン性を損なってはいけないという条件が付くことも多いので住宅以上に慎重に工事を計画しなければなりません。

この条件を満たすには株式会社キーマンを筆頭とした優秀な耐震補強工事のエキスパートが存在している企業に依頼する事が
一番なので、自分の経営している事務所・テナントビルの耐久性に心配のある方は積極的に工事を検討してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする