株式会社キーマンが行う耐震改修工事の「補助金制度」とは?

mark-516277_1280

耐震改修工事には、国や自治体から補助金が受けられる場合があります。どのような工事でも補助金が出るわけでなく、基準を満たす改修工事でなくてはなりません。基準や補助金の額は自治体によって異なります。株式会社キーマンは、補助金を受けられる建物であれば、基準をしっかりと満たす工事をおこないますので、安心して任せられます。

 わが国には、建築物の耐震改修の促進に関する法律、即ち耐震改修促進法があり、改修費用を一部助成する制度が設けられています。これは阪神大震災の教訓から、1995年よりおこなわれているものです。費用の補助が受けられるケースかどうかというのは、自治体ごとに異なるということもあるため、なかなかわかりずらいものですが、株式会社キーマンがそれを調べてくれます。

 学校や老人施設などは特に改修工事が必要とされ、補助金が受けやすい例となります。私立の施設であれば、費用負担は深刻なものとなりますので、補助金制度の存在は心強いものでしょう。株式会社キーマンのような確かな会社に依頼し、補助金制度を活用し、建物の耐震基準を満たすことが望まれます。株式会社キーマンは、建物の診断と補強を両方おこなう会社ですから、首尾一貫した進め方ができます。委託する側としても、やり取りする会社がひとつであるため、手間暇が省けて非常に楽ですし、安心感も持てます。これまで多くの耐震改修実績があり、それは同社のホームページで確認できます。自治体から発注され、橋梁補修もおこなっているくらいですから、心強い限りです。橋梁を手掛けるということは、いかに高い技術を持つ会社であるかということを物語っていると言えるでしょう。それも一級河川にかかる、長さおよそ400メートルもある大きな橋です。

 株式会社キーマンは大阪の会社で、関西地方での改修が一番多いですが、関東地方でもかなりの数を受注しています。1993年創業で、まだスクラップアンドビルドが主流であった1998年には、既に建築補強業務に進出しています。建築補強業務により長く関わっているということになり、技術と知識の蓄積があり、それが現在の受注数に結びついていると見られます。地震に備えて校舎が金属製の大型構造物で補強されている光景は、よく目にしますが、この会社のホームページに掲載されている画像がまさにそれですから、この会社の施工数が多いか、またはこの会社の補強工法が主流となっているということでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする