株式会社キーマンが行う耐震改修とは

株式会社キーマンが行う耐震改修

日本は地震大国と言われており、大きな地震が相次いでいることから耐震性の重要度はますます高まっています。株式会社キーマンは集合住宅や各種施設など幅広い建物の耐震改修を行い、多くの建物の耐震性向上に貢献してきました。そもそも耐震改修とは何なのか、工事の流れなどをご紹介していきましょう。

耐震改修とはどんな工事なのか

耐震改修は基本的に耐震診断を行った後、耐震性の問題があると判断された場合に行われます。なので、基本的にいきなり耐震改修を依頼することはほとんどなく、まずは耐震診断を依頼することになるでしょう。耐震改修は耐震診断の結果に基づき、適切な補強工事が行われます。

専門家が構造や弱点部分の補強計画を立て、耐震改修を実行するための設計図書が作成され工事となります。耐震診断と耐震改修は別々のものとなるので、耐震改修をすることになった場合は別途費用が発生するので理解しておきましょう。

耐震補強設計の計画について

耐震改修は耐震補強設計が計画するところから始まります。この耐震補強設計は目標性能に合わせて複数の補強案が提案されますが、補強は柱や大梁など既存の構造体に耐震性能を付加させるので、意匠性や機能性に影響を与えるでしょう。また施工条件よってコストも変わってくるので、建物の設備や使い勝手、費用、工期など様々な条件を考慮して正式な補強案が決定されます。可能な場合は大規模な修繕やリニューアル工事も同時進行し、重複工事を避ける提案をすることもあります。

耐震改修が必要な理由

日本では「建築物の耐震改修の促進に関する法律」があります。この法律は地震による建物の倒壊での被害や人命、体や財産を保護するために、耐震改修を促進する措置を促すためにできました。

また、オフィスビルや商業施設など不特定多数の人が利用する特定建築物の所有者は、現在の耐震基準に適合する努力を求められています。このように、法律でも耐震補強を推奨されており、特に不特定多数が利用する大規模な建物は被害が大きくなることが予想されるので、耐震改修による強化は必要なのです。

日本では震度6~7の地震が来るケースも多く、これまでに何度も耐震基準は変更されており、今後も基準が上がってくる可能性は十分に考えられます。地震はいつ来るか分からないので、耐震診断で問題が指摘されたら放置せず、耐震改修を行いましょう。

株式会社キーマンでは耐震診断から耐震改修までトータルでサポートしており、実績も豊富なので高品質な耐震補強をしてもらえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする