株式会社キーマンが制振に利用する制振ダンパー

child-1568551_1920

地震や強風などの影響で建物に与えられる振動を軽減することを制振と言います。鉄筋コンクリート造の耐震補強や建物の改修工事を行う株式会社キーマンでは、工事の際に制振ダンパーという装置を設置します。この制振ダンパーとはどのような装置なのか、ご紹介しましょう。

制振ダンパーとは

株式会社キーマンは建物の安全性をアップさせるための耐震補強工事に強みを持っており、必要に応じては制振ダンパーを設置して振動に強い建物に強化しています。制振ダンパーは地震や強風が起きた時、エネルギーを吸収することで揺れが軽減される仕組みとなっており、建物の損傷を最低限に抑えることが可能です。

安全性だけではなく居住性の改善や、歩行時の振動なども解消されます。オフィスビルやマンションなど大きな建物はもちろん、一般的な木造住宅や建物1階が全て開口されているピロティ形式の建物、壁や柱の少ない工場などあらゆる建物の耐震リフォームで設置されている装置です。

制振ダンパーの種類

制振ダンパーには色々な種類があり、素材や吸収するエネルギーの違いによって細かく分類できます。主にどのような制振ダンパーがあるのか種類をご紹介しましょう。

・変位依存型ダンパー
ダンパーの変位に合わせてエネルギーを吸収するダンパーで、鋼材ダンパーと摩擦ダンパーがあります。鋼材ダンパーは金属を用いたダンパーの総称で、金属の変形により振動を熱エネルギーに変えて吸収しています。

摩擦ダンパーは重ね合わせた摩擦材の滑りで振動エネルギーを吸収します。どちらもメンテナンスフリーが魅力で、大きな振動に対して効果を発揮してくれるダンパーです。

・速度依存型ダンパー
速度依存型ダンパーとは、ダンパーが変形する時の速度に合わせてエネルギーを吸収します。ダンパーの種類は粘着ダンパーとオイルダンパーの2つです。

粘着ダンパーは箱や筒状の函体に粘度のある液体が充填されており、そこに壁や柱上の鋼材が挿入されていて、揺れた時に液体が移動する抵抗力を使用してエネルギーを吸収します。オイルダンパーも油の粘度を使って振動や衝撃を吸収するダンパーです。どちらも小さな揺れから大きな揺れに効果的ですが、暑さに弱かったり、オイル漏れになったりするデメリットもあります。

・粘弾性ダンパー
変位依存型と速度依存型の両方に応じて振動エネルギーを吸収する性質を持ち合わせたダンパーの総称です。使用されている素材はアクリルやシリコン、ゴム、アスファルトなど様々な素材でできており、極微小な振動から大きな揺れまで対応できます。

制振ダンパーには様々な種類があり、設置する建物に応じて使い分けられています。長年耐震補強工事で実績を持つ株式会社キーマンも建物のつくりや状態に応じて、適切な制振ダンパーを選んでいます。今後も制振ダンパーを上手に活用して、多くの建物の耐震強化に貢献していくことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする