構造物の「劣化診断」とは

株式会社キーマンが行う構造物の「劣化診断」

建物の耐震診断や補強・改修工事、構造物の調査・劣化診断などを手掛ける株式会社キーマンでは、構造物メンテナンスのスペシャリストとして様々な案件に取り組んでいます。その中で、土木工事の1つである構造物の劣化診断を行うことは、橋脚や橋梁などの現状を把握したり、耐荷力や耐久性の状況を把握したりできる手段と言えます。そこで今回は、株式会社キーマンで行っている構造物の劣化診断についてご紹介しましょう。

構造物の調査・劣化診断でわかること

構造物の現状を劣化診断で把握することは、今後その構造物に何らかの損傷や劣化の進行があった際に、第三者に被害を及ぼす可能性のあるものを早期発見することができます。橋脚や橋梁の状況をしっかりと把握することで、損傷の種類や材料の劣化度合いを図り、その原因や耐荷性能・耐震性能の有無を診断することができるのです。

株式会社キーマンによる構造物の劣化診断の結果で必要と判断されれば補強工事を行うこともあります。地震の影響や、想定外の変位によって橋桁の落下を防いだり、落橋防止対策が必要になったりすることも多いです。株式会社キーマンは、創業当初からこういった土木工事をメインに行ってきており、国交省や都道府県から市町村まで、様々な橋梁耐震工事も行っているのです。

劣化診断で行うこと

構造物の劣化診断は、建築当時の良好な状態で維持管理していくために必要不可欠です。資産価値の維持や向上のために行われることも多く、適正な改修計画や現状構造物の不具合箇所や劣化進行状況を物理的・化学的物性試験を用いて調査診断を行っていきます。躯体の材料であるコンクリートについては、強度やひび割れ状況などを、様々な項目を確認していくことで劣化状況を把握することができます。他にも、防水・シーリングの既存防水層劣化度合いや劣化度を把握することができますし、給排水管などの劣化状況を見て補強工事の必要性を把握していく流れです。

人々が安心して暮らしていくためにも、構造物の調査・劣化診断は必要不可欠なものです。株式会社キーマンでは、この結果を基に、構造物の長寿命化対策工事も手掛けています。インフラ整備を続けていくことで、人々がより安心して日常生活を送っていくことができるよう取り組んでいるのです。

ここでは、株式会社キーマンの構造物の調査・劣化診断についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。構造物の劣化診断は、現状をしっかりと把握するためにも必要なことです。株式会社キーマンならではの取り組みや劣化診断の内容を知り、検討してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする