株式会社キーマンが行う耐震診断における「図面」について

株式会社キーマンの「図面」

株式会社キーマンは、構造物のメンテナンスに携わる会社で、耐震補強診断や耐震補強・改修工事などの建築工事、構造物の調査・劣化診断などの土木工事も行っています。耐震診断においては、万が一の時のために行っておくことを勧めており、「設計図面」において細かく調査しています。設計図面は非常に重要なものですが、ここでは株式会社キーマンが行う耐震診断における図面についてご紹介していきましょう。

耐震診断と図面の重要性

旧耐震基準で設計された1981年6月1日以前の建物は、耐震性能を保有しているかを確認するためのものです。新耐震基準で設計された建物でも、劣化や問題が懸念される場合は、万が一に備えて耐震診断することが望ましいと言われています。株式会社キーマンでは、設計図面を基にして新耐震基準と比較し確認していきます。簡易診断から本格的な構造物診断による建物調査まで、地震対策のプロとしてあらゆる要望に対応しているのです。

耐震診断で図面がなければ困難な状況に

基本的には、設計図面が残っていないということはありません。また、構造計算書が残っていなくても、設計図面があれば問題なく行うことができます。しかし、もしも設計図面がない場合、新たに計算し直す必要があります。そもそも従来までは設計図面がない建物の耐震診断は行われてきませんでしたが、東京都の耐震診断義務化では、たとえ設計図面がなくても対象要件に合致するとしているのです。つまり、設計図面がなくともどうにかして耐震基準を行なわなければならないということになります。

東京都の耐震診断義務化以降、設計図面のない案件も増えてきており、株式会社キーマンのような構造物メンテナンス会社にとっては、困難な状況にあると言えるでしょう。耐震診断は、現状に合わせて補正はしますが、設計図面をベースにして行われます。図面の復元を行う場合、現地調査に基づき作成し直す必要があります。設計図面なしでは、作業にも相当な時間と労力を要するのです。

ここでは、株式会社キーマンが行っている耐震診断の「図面」についてご紹介してきました。設計図面を基に耐震診断を進めていくため、図面がないと非常に大変な作業になってしまいます。図面の重要性を知り、耐震診断を受けることの大切さを理解することが重要となってくるでしょう。

近年では、地震をはじめとする自然災害は増えてきています。そんな中で、株式会社キーマンの行う耐震診断や調査は、災害対策として大きな一歩となることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする