株式会社キーマンの行う構造物の「長寿命化対策」

inches-953424_1920

近年では、高度経済成長期に整備された社会資本の高齢化が懸念されています。平成24年には、トンネルの天井板崩落事故が発生し、犠牲者も出しています。そこで、構造物などの長寿命化対策が重要視されているのです。そんな中、株式会社キーマンは建造物の長寿命化や価値向上に着目し、構造物の維持や改善のスペシャリストとして建築や土木などの分野に幅広く携わっています。

では、株式会社キーマンが行う構造物の長寿命化対策についてご紹介しましょう。

■基本的な長寿命化対策とは

長寿命化対策として、様々な構造物の修繕や更新に要する高コスト化や大規模化を回避するべく、予防的な修繕を計画的に実施し、地域の道路網や構造物などの安全性・信頼性を確保し、全体的なコスト縮減を図ることが基本です。定期点検に関しては5年に1度程度、健全・予防保全段階・早期措置段階・緊急措置段階の4つの区分を設け、適切な対処を行っていきます。

■株式会社キーマンの長寿命化対策

【建築工事】
株式会社キーマンの建築工事では、耐震補強の診断業務のほか、耐震補強工事、建築物改修工事などを手掛けています。耐震診断では、耐震性能を保有しているかを把握し、現行の新耐震基準について確認します。どのような時にも、万が一に備えた状態を踏まえて簡易的な診断から本格的な構造物診断による建物調査までを行っているのです。耐震補強工事や建築物改修工事においては、原状回復はもちろん、機能向上に向けた改造や変更、グレードアップなどを伴う工事を行います。

大きな地震に耐えられるよう、壁・柱・基礎などを補強し強度を上げているのです。

【土木工事】
土木工事においては、構造物の調査や劣化診断、橋梁設計照査業務などを中心に行っています。
構造物の調査や劣化診断では、構造物の現状を把握した上で、耐荷力や耐久性に影響するような損傷や劣化進行を早期的に発見につながるよう進めているのが特徴です。
また、橋梁補修工事には、既設構造物と設計図面を完全に一致するのは困難ですが、施行者側で設計照査を行うことで工事を的確に進めていくことができます。
現状では難しいと言われている既設構造物に関しても、株式会社キーマンでは安全に品質の高い工事を行っているのです。

建造物の長寿命化や価値向上に着目し、構造物の維持や改善を続ける株式会社キーマンは、より安全性と信頼性を確保するためでだけでなく、長期的に構造物を安定したものとして維持し続けるためにも長寿命化対策を重要視しています。株式会社キーマンでは、今後も様々なニーズに沿って的確な工事を続けていくと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする