株式会社キーマンが行う耐震補強工事のメリット

steel-for-construction-1532063_1920

近年では大震災によって命を落とす要因として最も多いのが、家屋の倒壊だと言われています。重たい家電や家具などが激しい揺れによって、柱や壁を破壊し家屋が倒壊してしまうという事例が後を絶ちません。そこで安全な空間を作るために「耐震補強工事」の必要性が問われていますが、ここでは「株式会社 キーマン」が手がけている耐震補強についてご紹介していきましょう。

■キーマンの耐震補強に特化した工事

建物が経年によって性能や機能が劣化した状態を原状まで回復させる工事のことを「補修工事」と呼ばれていますが、キーマンの耐震補強工事は、原状回復だけに留まらずもともと備わっている機能を向上させる改造や変更、グレードアップを伴う改修工事を行っています。建物の安全性を高めることは耐震補強工事にも改修工事にも含まれており、大きな地震が起きても耐えられるように柱や壁など基礎にあたる部分を、しっかり補強し強度を上げていくよう建物を再生していきます。

キーマンでは、一般家屋に限らず集合住宅、学校、病院、商業施設、ビル、宿泊施設、高速道路、鉄道など幅広い分野に渡る建造物を工事対象としていることから、多くの方から信頼を得ている企業です。多様なニーズに対応していくため、今後も質の高い耐震補強の実績を重ねて建造物の長寿命化に貢献していくことでしょう。

■耐震補強のメリットとは

耐震補強は、建物の安全性が増すのはもちろん、資産価値を向上させることができます。大震災によって大きな被害を受けた建物は、旧耐震基準で建てられたものがほとんどであるという報告が挙がっています。今現在も、旧耐震基準によって建てられている建物は多く存在し、利用者に悪影響を及ぼす可能性があるため、安全を確保することは重要な使命とも言えるでしょう。

当然のことながら安全性を証明された建物は、資産価値が高くなります。耐震改修計画の認定を取得していればさらに資産価値を向上させることができますし、将来のリスクヘッジのための対策にもなるはずです。建物が損壊してしまうと修復にかかる費用も嵩んでしまうことから、耐震補強を行う必要性はかなり高いと言えます。

地震による被害から命や建物を守るためには、耐震補強をすることが急務となっています。特に高度経済成長期に建設された建物は補強や補修の緊急性が問われていることから、キーマンが取り組む建築工事は最も有効活用できる施策内容です。今後も幅広いニーズに向けて磨きあげた見識と技術によって、社会・地域に貢献していくことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする