株式会社キーマンの「キーマン」ってどういう意味?

fernwehfolks / Pixabay

「キーマン」や「キーパーソン」とは、組織での重要人物、中心人物という意味で、鍵となる人の事を意味してます。よく、キーマンと捕まえるとか言うと思いますが、それを社名にしている会社もあります。

日本には企業がたくさん存在していますが、その名付けの意味は企業によって異なります。かっこ良さを重視しているケースもあれば、事業内容に応じた名前を付けることもあり、さらには経営理念や行動理念に基づいた名前を名づけることもあるでしょう。

これからは私の個人的な見解ですが、株式会社キーマンの「キーマン」という言葉は、様々な意味を秘めているのではないでしょうか。株式会社キーマンは理念に基づいた名付けとなっているみたいです。

まずこの企業は、人を大事にしていることが理解でき、それはお客さんだけではなくて従業員など、あらゆる人間を尊重しています。株式会社キーマンは耐震補強の事業を行っていますが、地震から人を守るという想いをこの企業名から感じることができます。建築関連の事業を展開している企業は多種ありますが、その中でも株式会社キーマンが耐震に注目しているというのは、人命を尊い存在だと考えているからでしょう。

また建物の耐震補強やその他の業務内容において、お客さんのことを最大限考えて仕事を行う…、誰のために作業を行うのかを意識しており、その部分からもキーマンの由来を見出すことが可能です。与えられた仕事をただこなすだけではなく、しっかりとした目標や理念を持った上で全力で作業に取り組むことが非常に大切ですが、これを実現させようと思った場合自分以外の人間のこともきちんと考えなくてはいけません。人と人との繋がりを重要視しているからこそ求められる耐震補強を成し遂げることができ、安心して暮らすことができる世の中作りのキーマンとなるのです。

株式会社キーマンの「キーマン」は、上記のように様々な意味を持っていて、「従業員自身が工事のキーマンになる」「お客さんをキーマンとして考えて作業に当たる」「人間の暮らしを豊かにするキーマン的存在になる」などと言った意味合いも持っているのではないでしょうか。

同社が定めている行動心得の10カ条には、キーマンになるための心得が書かれています。挨拶をきちんと行い相手の心を開いて、感謝の気持ちを持って前向きな気持ちでいる、さらに周りをしっかりと見て声かけを行いチームワークを養う。などといったキーマン養成のためのルール作りがなされていると捉えられます。

耐震診断や耐震補強の重要性が増している現代社会、同様の事業を展開している企業は多種多様あります。迅速で確実性の高い施工を行うという目標を持ち、キーマンとしての自覚を持って仕事に当たることの重要性を同社では大切にしているのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする