株式会社キーマンが取得している「ISO9001」とは?

Free-Photos / Pixabay

株式会社キーマンは大阪府東大阪市に本社を置き、東京都中央区に支店を置いている企業です。建築工事や土木工事に関する事業を展開していて、耐震補強に関する業務を主に行っています。ISO9001品質マネジメントシステムの許認可を得ており、高いレベルの仕事を実現させています。

ISO9001は日本だけでなく世界中で認められている規格で、現在では日本を含めた170か国以上が利用しています。ISOは国際標準化機構のことを指しており、世界中で通用する国際規格を制定することによるメリットを享受することができます。

以前に比べて最近はISO9001を取得している企業が増えていますが、どのような企業であっても取得できるわけではありません。まず一貫しているレベルの製品やサービスを提供することができることが求められ、さらに顧客満足度の向上が見込めるかどうかも重要なポイントになります。

実際にこれを取得することにより様々なメリットが期待できますが、リスクマネジメントの強化やコンプライアンスの推進、取引先などに向けた信頼度アップ、スムーズな業務継承、世界的な事業展開における強みの発揮などが挙げられます。

当然ISO9001を取得する際には認証に向けたシステムの構築や運用が求められ、さらに本格的な登録審査が行われますが、ファーストステージ審査とセカンドステージ審査の両方に合格する必要があります。その審査に通った場合、登録証が発行されます。一度取得すると永続的に…というものではなく、定期的な審査が行われるので、ISO9001の取得をしてそれを維持し続けている企業は高いレベルにあると判断できるのではないでしょうか。

株式会社キーマンもこの国際規格の取得をしていますが、登録証が発行されるまでの期間はケースバイケースですが検討し始めてから約1年程度はかかります。はじめてこの国際規格の取得に望む場合は専門的な知識やノウハウが必要不可欠になるため、このプロジェクトに経験者を入れるケースや外部の組織を利用することもあります。
ISO9001は品質に特化している規格のため、自社の品質クオリティの向上を成し遂げたい際にも活用したいです。

ライバル企業に対して差をつけることができる規格でもありますし、何よりも世界に目を向けた時に大きな武器になるというのは強みです。単純に自社内で品質管理を行っていたとしても、国際規格を取得していないとどうしてもメリットに繋げにくくなるので、うまく活用すべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする